今後の予定
これまでの個展

麻と蓮展

2019年6月28日 - 2019年7月06日

原始の時代、人は麻を見つけ繊維とし、祭祀や衣服に使ってきた。日本では古く飛鳥や奈良時代には着用されていたことが記されている。
蓮は泥の中に美しい花を咲かせることから、アジアでは仏像の台座や供花に、花びらは散華として、西洋では蓮の花のデザインが好まれた。
影山秀雄が織る藍染めの麻は、目に肌に爽やかです。

◆ 影山秀雄氏 在廊日 : 6/29(土), 30(日)
○ 漆、更紗、木彫仏像、誉田屋源兵衛の大麻布、鞆岡隆史の蓮の写真など。



Linen, Hemp and Lotus
Fri, 28 June ~ Sat, 6 July 2019

In primitive times, people found hemp as fiber and used it in rituals and clothes. It is written that it was old in Japan in the Asuka and the Nara period.
Because lotus blooms beautiful flowers in the mud, for the pedestal of the Buddha statue and flower petals are Buddhist sense in Asia, and lotus flower designs are preferred in the West.

伊藤慶二
仏足(一組)
伊藤慶二
影山秀雄
のれん雨
影山秀雄
のれん らせん
影山秀雄
[別注可]
鞆岡隆史
桑名白蓮
鞆岡隆史
清月蓮 1
鞆岡隆史
白光蓮
鞆岡隆史
桑名白蓮
鞆岡隆史
竹内瑠璃
若杉憲司
仏印
若杉憲司
残月
若杉憲司
KOKIN
大木淑恵
蓮の実
大木淑恵
安本篤人
中将姫像
安本篤人