今後の予定
これまでの個展

松原賢・下沢敏也 二人展「水と火」

2018年11月09日 - 2018年11月17日

「下沢さんは土を火に委ねて、ケンさんは水に委ねているんだね‥」
森孝一氏の洩らした一言がこの二人展の発端である。
林屋先生の札幌での茶席でその作品に出会い強烈な衝撃が残っていた。そしてLIXILのギャラリーでの個展で壁にかけられた平面の作品に近しい共感をおぼえ、このバーナーワークの作品「Re-birth(還)」と私の「一滴」を取り合わせてみたい衝動に駆られた。
其の思いを青野恵子さんに投げかけてみた。即決であった。
松原 賢




土・・その根源的なもの、自分が生まれたその大地からなるかたち。
その土と向き合い無作為にかたちをつくる事の精神性が大切している。
手を入れ過ぎず表現しいていく。そして炎に委ねる。そこは自分の意思ではどうする事も出来ない領域・・
土に訊き、炎に委ね、そして待つ・・これからも土と向き合いながら繰り返していく。
この出会いに感謝します。
下沢 敏也

松原賢
景 '18.4-5
松原賢
景 '18.4-4
松原賢