アートフェア東京 G96にてお待ちしております

銀座一穂堂は、東京国際フォーラムにて開催中の「アートフェア東京2019」に出展しております。
テクノロジーと融合し空間の空気までも造り出す、冨長敦也氏の石彫をぜひお楽しみください。
3月9日(土)・10日(日)は作家も在廊しております。

また、銀座一穂堂B1Fスタジオでは、冨長敦也展を同時開催中です。
みなさまのご来廊をお待ちしております。

【アートフェア東京】 ブースno.「G96 銀座一穂堂」
3月9日(土) 11:00~20:00
3月10日(日) 11:00~17:00

会場:東京国際フォーラム ホールE
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1

オープニングイベントの様子

2月23日、「待ちに待った備前展」のオープニングを記念して、森孝一氏と伊勢崎晃一朗氏、出品作家全員によるパネルディスカッションを開催いたしました。

六古窯のひとつである備前焼の歴史から近現代のやきものの魅力、そしてそれぞれの作品の魅力を作家のみなさまに語っていただきました。

「待ちに待った備前展」は3月2日(土)まで開催中です。

実際に作品をお手に取ってご覧いただき、土や焼き色など、備前の魅力に触れてみてください。

みなさまのご来廊をお待ちしております。

「待ちに待った備前展」本日より開催です

「待ちに待った備前展」は本日より開催中です。

9人のアーティストそれぞれの備前焼が並びました。また、23日(土)はアーティスト全員が在廊予定です。

みなさまのご来廊をお待ちしております。

雛人形と武者人形展 本日より開催です

 

「雛人形と武者人形展」は本日より始まりました。
桃の節句や端午の節句にぴったりのお人形たちが揃っています。
みなさまのご来廊をお待ちしております。

【作家在廊日】
森翠風、森隆之:2月10日(日)
河村仁美:2月8日(金)〜10日(日)

第4回 翔ぶ鳥展 開催中です

 

新年初めの恒例企画「翔ぶ鳥展」が始まりました。
1月19日(土)のオープニングパーティーには「翔ぶ鳥」のアーティストたちも出席し、秋元雄史氏、森孝一氏、橋本麻里氏をお招きして、賑やかなイベントとなりました。

翔ぶ鳥展は2月2日(土)まで開催しております。
美しい作品と共に、みなさまのご来廊をお待ちしております。

浅井竜介氏のインタビューが「月刊ギャラリー12月号」に掲載されました

銀座一穂堂にて個展開催中の浅井竜介氏のインタビューが「月刊ギャラリー 12月号」に掲載されております。
テーマは「陶芸という道のその先にある世界」。詩人の小川英晴氏との対談の中では、作品の制作に込める思いや影響を受けた人物などが語られました。
12ページに渡るロングインタビューと共に紹介された作品たちは、一穂堂にて12月15日(土)まで展示しております。

月刊ギャラリーの公式ページは以下よりどうぞ。
http://www.g-station.co.jp/book/index.html

池田晃将氏が「ENGINE」にて紹介されました

 

漆作家の池田晃将氏の作品が、「ENGINE 2019年1月」(新潮社)にて紹介されました。
誌面では「アートと時計」をテーマに、代表作「十進数尽飾箱」が紹介されております。
ジャンルを越え、細密な手技に宿る美のコラボレーションをお楽しみいただけます。

公式ページは以下よりどうぞ。
https://www.shinchosha.co.jp/engine/

若杉憲司氏が「Asian Art Newspaper」にて紹介されました

若杉憲司氏のインタビューが、イギリスのアート雑誌「Asian Art Newspaper」に掲載されました。
代表作の襖フォトシリーズから最新作まで、2Pに渡るロングインタビューと共にお楽しみいただけます。

銀座一穂堂では、12月1日まで開催中の若杉憲司「襖フォト”静謐”」展にて見本誌を展示しております。
みなさまのご来廊をお待ちしております。

公式ページは以下よりどうぞ。
http://asianartnewspaper.com/digital-edition/